タグ:二郎 ( 29 ) タグの人気記事


2015年 06月 25日

ラーメン二郎 会津若松駅前店


f0337915_23315901.jpg
連休遠征SPということで会津~仙台への東北攻めを企てたものの、
仙台店の営業日を見誤ってしまい、結局会津若松店のみしか行けなく、
いつも通りの消化不良感で終わってしまった今年のGW。
f0337915_23315933.jpg
連休初日ということもあり、遠征組が大挙して麺切れ宣言を受けるかもしれないリスク等を考慮せず、
いつもどおりのグダグダな出発になり気が付けば雲行き怪しい時間に到着。
f0337915_23135048.jpg
こりゃアカンと、いつもの無駄極まりない寄り道は後回しにして一目散に店に向かう。
f0337915_23133461.jpg
って、めちゃ空いてるし!
f0337915_02491142.jpg
扉開ければ見慣れた小金井な人に見慣れた恰好で出迎えていただき、
およそ二郎とは無縁に思えた地が一気に身近に感じる不思議。
f0337915_23315982.jpg
厨房の様子を見るに、家族で店廻してる感じ?
町のチャイニーズレストラン的なアットホーム感で居心地良し!
f0337915_23133463.jpg
片道5時間かけてノットご当地なラーメンを真っ先に食べるとかもうね、、、
f0337915_23135004.jpg
麺は野猿以上に野猿を彷彿とさせる小麦の圧縮感で、まさしく多摩の系譜を色濃く感じるものの、
スープについてはプカ脂、カエシ共に控えめで老若男女誰でも楽しめそう。
f0337915_23135038.jpg
ブタも一切れを半分にした一之江方式のもので、比較的控えめな印象だったので
せっかくだからブタ入りにすれば良かったかも。
f0337915_00014089.jpg
最も、ある事情によりどのみち会津若松には再度行かなければと思っているので
今度はさすがにもうちょっと計画立てて再訪したいなー。
f0337915_23365519.jpg


by tommolux | 2015-06-25 13:04 | ラーメン二郎 会津若松駅前店
2015年 06月 15日

ラーメン二郎 仙川店

f0337915_19142087.jpg
ここ最近、そのテのCOOLな方達の間で最もDOPEなSHOPとして注目されている仙川店へ。
f0337915_19142812.jpg
ただ、以前何回か来店しての印象は何れも「うーん・・・」って感じだったのであまり気が進まないまま向かったのだが、
そんな気分を反映してか、駅を出た瞬間から街角スナッパー泣かせのドシャ振りでテンションさらにダウン。
f0337915_19140373.jpg
雨だけだったらまだしも、強風とかになると傘が煽られて写真どころじゃなくなるのでもういっそ引き返したろか?とも考えた。
f0337915_19140325.jpg
ただ、とりあえず店前まで行ってみるとさすがにこの悪天候とあってか、
思いのほか並びが緩かったのでせめてラーメンの写真だけでもと思い、入店を決意。
f0337915_19142092.jpg

f0337915_19142052.jpg
仙川店に来るのも久しぶりな気がしたけど相変わらず店内に充満するキッチュな場末感は健在。
f0337915_19142078.jpg
ラーメンなんですけどね、よっぽど「いや、いつもどおりの仙川ですけど?」って感じの
ニュートラルでイノセンスな感想を考えていたんですが、この日は予想を裏切る一杯であった。
f0337915_19140303.jpg
もうスープのコクからして今まで当店で味わった事がない濃厚さでいきなり不意打ちを食らった。
f0337915_19142840.jpg
加えて麺とヤサイも今まで感じていた「ただスープの中に浸っているだけ」的なちぐはく感は皆無、
コク旨汁との親和性が素晴らしく、一杯のラーメンとしての一体感があった。
f0337915_19142888.jpg
基本的にはいつもの仙川そのものな気がしたが、
ほんのちょっとの上ブレでここまで身も心も満たされてしまう
このポテンシャルの高さに衝撃を受けつつ店を後にした。


by tommolux | 2015-06-15 22:08 | ラーメン二郎 仙川店
2015年 04月 15日

ラーメン二郎 新小金井街道店

f0337915_22543735.jpg
そう言えば、J-STYLEなつけ麺であつもり食べたこと無かったなと思い、向かった先は小金井。
f0337915_22543737.jpg
以前、どこかで「野猿/小金井のあつもりは素のスープを注いでくれるからスープ自体の味が分かる」
って感じのマユツバな書き込みを見て以来、ちょっと興味があったんですよね。
f0337915_22543746.jpg
ただ時期的にも4月に入り、そろそろあつもりのメリットも少なくなり始める今ぐらいがギリかなと思い向かった次第。

って事にしておいて下さい。
(本当は去年の11月に行った分だとかはナイショですぞ!)
f0337915_12072524.jpg
ところがここ最近のここの控えめな盛りは何だったのだろうとかと言わんばかりな
「THIS IS 多摩, NOT 城東」なボリュームに終始苦戦。

とてもじゃないが「途中、素スープの入った麺側に卓上FZを回し掛けてみる。するとどうだろう?これはまさしく・・・」
みたいなロンリーな感じのグルメリポートを興じる隙は一瞬たりともござーせんでした。
f0337915_22543777.jpg
ところであつもりを伝えるタイミングですが、食券を渡す時にうっかり伝え忘れてしまい、
着席時にあわててお願いしたのですが、助手の方より「今度から食券を見せる時にお願いします」との注意が。
f0337915_22543738.jpg
食券提示から着席までほんの数分だったのですが、そんなシビアなタイミングを要するものなのかなと、
何だかちょっと不思議に思いました。
f0337915_22543788.jpg
もしかしたらそのタイミングでないと間に合わない何かがあるのかもしれませんね。
うーん、あつもりって実は奥が深いのかしらん?


by tommolux | 2015-04-15 23:40 | ラーメン二郎 新小金井街道店
2015年 02月 03日

ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店

f0337915_19443161.jpg
今年一発目ということで、やはりここは多少の気合いを入れるべく、向かった先は、かの小滝橋店。
f0337915_19443185.jpg
この日はまるで10月末の深まりゆく秋を思わせるような穏やかな気温で、
街ゆく人々も束の間の冬将軍の休憩ターンに心なしか服装も軽やかであるように見受けられました。
f0337915_19443190.jpg
すいません、ワタクシまたしてもウソをついてしまいました。
f0337915_19443149.jpg
これはリアルに10月末に行った分で、季節感もへったくれもない記事となります。
申し訳ございませんm(_ _)m
f0337915_19443135.jpg
ラーメンですが、デフォではヴィジュアル的に幾分寂しいものとなってしまうのは明白だったので、
少しでも見栄えを良くしたいがために意味も無く海苔とタマゴをトッピングしてみました。


こっ、これは、、、

妙に乳化した安定の小滝橋汁と妙にツルンツルンなこれまた安定の正方形断面の小滝橋麺と相俟って、
もやは二郎の面影はどこにも見当たらず、敢えて形容するならば、
「家系、もやし乗せちゃうってよ。」って感じでしょうか。
f0337915_19443110.jpg
小滝橋は数年ぶりの訪問だったのですが、ここ数年で雨後のタケノコのように乱立したインスパ店のように変に「それっぽく」せず、
相変わらず独自の路線を貫いていてこれはこれでちょっと面白いですね。
f0337915_19443194.jpg
帰りは特に目的もなく西口付近をフラフラとしたのですが、
撮った写真を見返してみると(あくまで自分的に)「おっ?」と思えるようなものが少々目についたので
気が向いたら別記事で乗せたいなと思ってます。
f0337915_19533944.jpg
って、いつものニッチな感じのやつですけど(笑)


by tommolux | 2015-02-03 18:12 | ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店
2014年 12月 25日

ラーメン二郎 八王子野猿街道店2

f0337915_00324512.jpg
ここ数年、クリスマスの恒例行事となりつつある野猿の丸鶏IN DA SOUPバージョンのラーメンを食べに行ってきた。
f0337915_00324529.jpg
去年も行こうと思ってたのですが、家を出る前に行列情報を確認すると
どうやらとんでもない状態となっているらしく、やむなく断念。

さすがに去年は何かがちょっとおかしかっただけで、今年も仕様は例年通りだし、
普段よりちょい並ぶぐらいだろとたかをくくって事前リサーチなしで向かった。
f0337915_00324593.jpg
とんでもない状態となっておりました。


これ、外待ちで徐々に体温を奪われてコール時に口がうまく回らなくてカミカミになる奴や。
(実際、「ニッ、ニンニフふぇ!」って感じの意味不明なコールをしてしまい、申し訳ございませんでした)
f0337915_00324537.jpg
列接続から入店まで約1時間ちょい、予想通りのダイ・ハードな待機となった。
風が弱かったのがせめてもの救い。
f0337915_00324575.jpg
この日はクリスマスムードを演出するためか、客席側の天井の照明半分と厨房内のほとんどの蛍光灯が消されていた。

ただ、部分部分で暗いので、こんな事言ったらアレですが、何というかホラー的?な雰囲気も伺えました。
ハロウィンとかにも使えそう。
f0337915_00484072.jpg
ラーメンですが、やはり一昨年食べた時と同じく、自分のような残念な味覚しか持ちあわせていない者には
通常のものとハッキリとした違いは分かりませんでした、、、

ただ、確かにいつもよりコラーゲン感が主張していて、嫌味の無い、上品なとろみがあったような気はしました。
f0337915_00324503.jpg
少々話はズレますが、今回のラーメン、野猿にしても何か妙にキャベツが多い気がしました。

たまたまなんでしょうが、同じラーメンでもこれだけキャベツの割合が多いと
甘みと食感が多少変わってスペシャルスープと相俟ってちょっと新鮮でしたね。
f0337915_00324500.jpg
あと、オペを見ていて気になったのが、最後にヤサイの上に、お玉で透明な液体をまわしがけていたのを見かけたのですが、
あれはこの日のアブラコール用の鶏油か何かだったのかな?
f0337915_00324431.jpg
しかしやっぱり店内のスポット的な妙な暗さはちょっと面白かったなあ(笑)


by tommolux | 2014-12-25 07:09 | ラーメン二郎 八王子野猿街道店2
2014年 12月 11日

ラーメン二郎 JR西口蒲田店

f0337915_18212575.jpg
突然のオープン(というか再開?)から早一ヶ月が過ぎ、そろそろ落ち着き始めた頃合いかなと、
JR西口蒲田店a.k.a新・鶴見店へ初訪問。
f0337915_18212587.jpg
鶴見店はその地味目な存在から訪問をないがしろにしていたところ、
いつの間にか長期休暇に突入してしまい、結局行けずじまいだったのが心残りでした。
f0337915_18212533.jpg
蒲田なんて初めて行きましたが、あの苦い思い出しか無いスラムシティ・KWSKに近い立地で、
しかもスナックの雑居ビルの中とあって、相応の覚悟をもって店に向かったが、
予想に反して治安はそんなに悪く無さげで一安心。
f0337915_18212514.jpg
ラーメンはそもそも鶴見店の味を知らないので、どうにも新旧の比較が出来ず何とも言えないのですが、
全体的にどことなく小滝橋テイストを感じさせるライト具合。
f0337915_19082221.jpg
うーん、何と言うか、先人達が残して下さっている旧店の画像から見受けられたワンアンドオンリー感、
というかアクの強さ?的な要素はあまり感じる事が出来なかったのは少々残念でしたかね?
(もしかしたら元々こんな感じだったのかも知れませんが・・・)
f0337915_18212578.jpg
ただ、何となく「ならず者」な感じのイメージを(勝手に)抱いていたこちらの店主ですが、
助手や常連の方との物腰やわらかなやりとりを見るに、割と全うな方であるように見受けられ、
居心地は悪く無かったのは良かったですね。
f0337915_18212560.jpg
個人的な話になってしまいますが、こちらは仕事場から比較的近い立地にあるので、
ちょっとフラっと行ってサクっと食べて帰るには丁度良いお店かもしれませんね。
f0337915_18212516.jpg
またしばらくしたら行ってみたいと思いますー。


by tommolux | 2014-12-11 07:43 | ラーメン二郎 JR西口蒲田店
2014年 11月 29日

ラーメン二郎 茨城守谷店

f0337915_16475382.jpg
少々前に来店した分となりますが、久々に守谷店に行ってきました。
f0337915_16475346.jpg
何年か前に行った時はそんなに印象に残らなかったのですが、日を追うごとに非乳化スープのキレに惹かれて行き、
是非再訪したいなと思っていたのですがようやく行けました。
f0337915_16475438.jpg
ただ、気持ちが先走り過ぎて夜の部開店より大分前に着いてしまい、
PPはさすがに気恥ずかしいということもあり、良い頃合いになるまでその辺をブラブラ。
f0337915_16475339.jpg
ところが開店数分前に戻ってみると既に十数人待ちとなっていた。
うまい具合に並ぶのは中々難しいですね。
f0337915_16475485.jpg
頼んだのはいつも通りの小ラーメン(ニンニク)。

非乳化を極めたクリアスープ、程良い感じのクタ野菜、これまた程よい具合のやわ目な麺。
正に「二郎かくあるべし」と言った感じの組み合わせは、今の自分にはド・ストライクな傾向のものでした。
f0337915_16540179.jpg
また、ボリュームも凄かった。

クタ野菜でこの盛りだと他店ではマシレベルに相応、麺量も体感で300以上はあったと思われ、後半は相当苦戦してしまいましたが、
ショッバーブタだった場合の保険として注文しておいたすき焼き用たまごに助けられて何とか食べきりました。
f0337915_17084502.jpg
以前、一之江で大を食べきり、ややドヤフェイスで店を出た時の驕りを見事に戒められた思いでいっぱいでございます。
これから守谷では謙虚に少なめを頼みます。(ので、また行きます!)


by tommolux | 2014-11-29 19:29 | ラーメン二郎 茨城守谷店
2014年 11月 15日

ラーメン二郎 京急川崎店

f0337915_14364893.jpg
(自分にとって)曰くつきの地である、京急川崎店へリベンジ。
f0337915_14363520.jpg
何故リベンジかと言うと、この数ヶ月前に来店した際、まさに店に入る直前に店舗外観を撮るため、
迂闊にも鞄を地面に置いたその数秒の間、見事置き引き\(^o^)/に遭ってしまい一文無し状態となり、
入店を前にやむなく撤退せざるを得ない状況となってしまい、その無念を晴らしに来たのだ。
f0337915_14345216.jpg
という訳でしばらくブログを更新出来なかったのはこのためだったのです。
f0337915_14345222.jpg
置き引きなんて初めて遭いましたけど、いやー、(気付いた直後の)「途方に暮れる」ってのはこういう事かと身を持って実感しましたねー。
f0337915_14345299.jpg
恐らく今後もこの地に良い印象を持つことは無いでしょう。
f0337915_14345325.jpg
ただし、「京急川崎店」には全く関係の無い話で、この日も店主と文豪家チックな助手に川崎スマイル全開で「いらっしゃい~」と出迎えていただき、
トラウマの地に戻ってきて無意識のうちに荒み気味となっていた自分の心を察して癒してくれているような錯覚さえ覚えた。
f0337915_14345336.jpg
そんな店主の優しさマシマシの一杯。
相変わらずのデロを通り越したフニクラ細麺。
(保険でアブラも追加したものの)やはり少々パンチ不足を感じて珍しく唐辛子を使用してしまった熱々マイルドスープ。

でもね、味とかパンチとかもうそんなんどうでも良いのんですよ。
f0337915_14345255.jpg
あの(計算高い?)店主の微笑みと、意味不明な高い位置からの丼サープの
シュールさ、コミカルさ、ハートウォーミングさがこの退廃とした街において心のオアシスとなっている気がしてならず、
そのためだけにまた行きたいなと思わせる、不思議な魅力がある店なのである。
f0337915_14455743.jpg
皆さんも、くれぐれも盗難・置き引きにはお気をつけていただき、楽しいJ-lifeを送っていただきたいと切に願う次第でございます。


by tommolux | 2014-11-15 16:15 | ラーメン二郎 京急川崎店
2014年 10月 31日

ラーメン二郎 西台駅前店

f0337915_19525117.jpg
肌寒さを感じるようになるこの時期になると、やはり西台のアツアツなアイツを食べたくなります。
f0337915_19525159.jpg
そう、かの「油そば」でございます。
f0337915_02322905.jpg
自分だけだと思うのですが、どうも西台って他の店舗には無い、独特の・・・
何と言うか一言で表すと「ユル殺風景さ」?みたいなものを感じます。
f0337915_02364615.jpg
f0337915_19525226.jpg
多分、それって店の立地として通路が狭くて日が当たらない高架下である事だったり、
清潔感はあるものの、妙に小奇麗で業務チックな店内内観である事だったり、
店主の割と神経質なキャラによるものなのかと思ったり。
f0337915_19525251.jpg
けど、その空気感は決して嫌いって訳ではございません。
f0337915_19525170.jpg
そう言えば、結局今年の夏場はどのつけ麺シリーズも食べる事が出来なかったなー。
f0337915_19525120.jpg
ただ、ここの油そばだけは毎年食べないと気が済まないぐらいのお気に入りのメニューなのです。

今年はメニュー名が例年の"油そば"でなく、"油そば(醤油)"となってますが、
この後に"油そば(フンニャラ)"って感じの新作が待ち構えているとかだったらワクテカですよね。
f0337915_19525133.jpg
メニュー名は微妙に変更があったものの、味と構成は例年のものと同じであるように思いました。
もちろん、アツアツ度もいつも通り。

というか、これはもう既に完成形の域に達していると思っているので
これ以上手を加える必要性ってあまり感じませんよね。
f0337915_20122233.jpg
例年通りだと3月いっぱいぐらいまでやってるはずなので、通常ラーメン巡りに飽きたらまた行きたいですね~。


by tommolux | 2014-10-31 22:58 | ラーメン二郎 西台駅前店
2014年 10月 27日

ラーメン二郎 亀戸店

f0337915_18495882.jpg
かの御坊財閥の跡取りである「歩く身代金」こと、C.Oがその財力を以って、
元々壊滅状態であった当区画を一から立て直した際、区民がその恩恵を未来永劫忘れんと
地名に氏にゆかりのあるものを含ませたとの言い伝えがあるザ・TMDCNKシティー、カメイド。
f0337915_18580109.jpg
すいません、私、ウソをついておりました。
f0337915_01135342.jpg
亀戸に行くときはいつも明治通りに面した商店街を抜けて大通りに出るんですが、
皆さんもっとショートカットかましてるとですかね?
f0337915_23093112.jpg
ところで、富士丸の梶原店とかもそうなのですが、明治通りと聞くと僕みたいな部族出身者はどうも渋谷~原宿のあの一帯が頭に浮かぶんですが、
この通りって新木場からスタートする環状線だったという事実に最近気付きましたよ、、、
f0337915_17555378.jpg
f0337915_18342091.jpg
どうもカメラを持ってると無意識のうちに回り道気味になって無駄に時間を食ってしまいますね。
f0337915_17555384.jpg
この日、亀戸に来たのはまだ未食であった汁なしを食べるため。
f0337915_17555382.jpg
おー、なるほど、豚が巻きでない違いがあるが、確かにバイト先の神奈川ら辺のそれによー似とる!


亀戸は麺量がワイルドなのは身をもって体験済みだったので今回は少なめでお願いしたが見事なちょうど良さ具合で大満足。
f0337915_17555344.jpg
どうも汁なし系って原価が一番かかっていると思われるスープを味わえない事に、
根っからの貧乏性である自分なんかは少々もの足りなさを感じてしまうのか、
普段あまり進んでオーダーしないのですが、やはりたまに食べると新鮮で良いですね。
f0337915_17555336.jpg
あと、これ系はいつも途中で我慢出来なくなって、つい全体をまぜまぜしてしまい、
後半は味の変化が無くなってきて飽きてしまう傾向があるので今度はなるたけカオスを発生させないよう、
お行儀良く食べて各素材のソリッドさを堪能したいと思います。
f0337915_17555470.jpg
いや、よく混ぜて食べるのが醍醐味だってのは知ってますのですよ?


by tommolux | 2014-10-27 22:45 | ラーメン二郎 亀戸店