カテゴリ:ラーメン二郎 派生店( 2 )


2015年 03月 13日

ラーメンの店 どでん

f0337915_02201890.jpg
さて、今回は最近Z〇P等でも取り上げられたりと巷で話題となっている、
グル麺な淑女の中でもとりわけジャパニーズスタイルヌードルを好むという、
いわゆる「ラーメン女子」の間で注目されている人気急上昇のヌードルカフェ「ラーメンの店 どでん」にルック・アット・ザ・ソニックブーム!
f0337915_23260104.jpg
すいません、私、いつも通りウソをついてしまいました。

と、言っても注目しているのがラーメン女子でなく、屈強なエクストリームヌードラーであるという点だけで、
今まさにホットなお店なのは間違いないですよね。
f0337915_02220405.jpg
との訳で、お店の詳しい経緯やらアピールポイントを僕のようなニワカーが知る由も無いので、
皆様が常日頃から信頼されている方のレポート等をご参考下さい。

僕が出来る事と言ったら、あまり当店のシステムを前もって調べておかなかったおかげで
少々戸惑ってしまった点をお伝えするぐらいのもんです。
f0337915_02201841.jpg
・食券について
 いつもの癖で何も考えずに食券をカウンター上に置いちゃったんですが、
 このお店ではスタッフの方が順に回収しに来ますので、食券片手に案内された席で待機しておきましょう。
 ※尚、コール(つけ麺の場合は釜揚げ(あつもり)の有無)もこの時に受け付けるので前もって決めておきましょう。
f0337915_02201844.jpg
・有料トッピングについて
 例えば「50円トッピング2つ」の場合は50円券を2枚買いましょう。
 (フツーに考えれば分かりそうなものですが(笑))
 僕のように初来店に浮かれてか、何をトチ狂ったのか100円券1枚(50円×2)を提示するとちょっと恥ずかしい感じになります。
 ※スタッフの方々は皆親切で嫌な顔一つせずに対応してくださいました
f0337915_02222942.jpg
・麺量について
 僕のような小食野郎の場合、「別皿アブラ+ゆでたまご」のつつましいオプションでさえ、後半における致命傷の要因になり得る場合があるので、
 保険を掛けて麺少なめでお願いしたのですが、割と余裕を持って食べきれたので普通キャパの胃袋をお持ちの方は遠慮せずに中で大丈夫だと思います!
 ※ちなみに今回の注文は「つけ麺少・ニンニクアブラ魚粉+ゆでたまご+小口ネギ」
f0337915_02201879.jpg
 というかそんなに「やられた感」を感じなかったのは単に麺量だけの問題だったのかな?
 つけ汁も相当濃厚であるのには間違い無かったんだけど、あの別皿アブラが思いのほか繊細な味で重くなかったからか?
 あるいは味変アイテムが豊富であったため?

 何れにしても、旧店舗のコアな部分は踏襲しつつも、細かな点で色々と工夫を凝らしているように思えて感心しました。
f0337915_02441030.jpg
駅から距離があるので電車メインだと中々気軽に出向けないのが残念ですが、
また行けるタイミングがあったら、今度は麺量「中」で行ってみようかな?


by tommolux | 2015-03-13 09:20 | ラーメン二郎 派生店
2014年 12月 21日

ラーメン富士丸 神谷本店

f0337915_03140301.jpg
11月某日、富士丸本店に行って参りました。
f0337915_20394648.jpg

もう年の瀬だと言うのにようやく一ヶ月近く前の画像を編集する気モードに。

せめて季節感が変わらないぐらいの間にまとめたいのですが、生来の「明日でいいや」癖が未だに直らなくて嫌になります。
f0337915_20025323.jpg
富士丸はそんなに頻繁には行けてないのですが、何故か秋から冬にかけて無性に食べたくなって来るんですよね。
f0337915_20344403.jpg
そういう時は「二郎」でなく、ハッキリと「今日は富士丸!」って気分になるのですが、
やはりそれは本家や凡庸インスパと一線を画す、こちらの独特過ぎるワンアンドオンリーmenを体が欲しているからなのでしょうか?
f0337915_20025375.jpg
ただ、毎回ここのエクストリームなグリースと麺量にはやられっぱなしな印象があったので、
今回は思い切って脂・麺少なめでオーダー。

最早、「お前、何しにここ来てるのんじゃ、ボケが!」との怒号が聞こえて来そうですが、
最近はやはり最後まである程度美味しいと思える状態で食べ終えたいとの指向が強くなり、
特に負い目も感じずに注文出来るようになりました。
f0337915_03520533.jpg
この日は丼を受け取る際、予想以上にまわりにアブラが付着していて、
カメラ片手にポケットの中にあるはずのウェットティッシュを詮索したりとしどろもどろしていると、
すかさず感じの良いキャップ助手氏が「良かったらこちらお使い下さい」と、さっとおしぼりを差し出して下さいました。
f0337915_20025396.jpg
こんなさりげない対応も、(良し悪しはさておき)直系では中々お目に掛かれないと思うのですが、
この独特なアットホーム感も冒頭の「(心身共に)寒い季節になると行きたくなる」要因の一つなのかも知れませんね。
f0337915_20025376.jpg
そう言えば西新井大師店はまだ未訪なので、この冬のうちに是非行っておきたいなあー。


by tommolux | 2014-12-21 09:55 | ラーメン二郎 派生店