2014年 08月 23日

ラーメン二郎 八王子野猿街道店2

f0337915_19085801.jpg
シークァーサーつけ麺が始まったものの、
結局お盆休み明けになってもなかなか行くタイミングが合わず、
そうこうしているうちに今週末あたりでタレ切れになりそうとの無慈悲な案内が。
f0337915_19085969.jpg
最早、行ける機会が昨日の金曜日のみに限られてしまったので、
普段どう休憩を取るかしか考えていない仕事も、
この日はトイレに行く時間さえも惜しむぐらいの集中加減で
脳内マルチタスク機能を駆使しながら何とか安全圏な時間に上がれた。
f0337915_19085964.jpg
ってのも、昨年初めて本メニューを食べた時にとんでもない衝撃を受け、
今年もどうしても食べておきたかったからに他ならない。
f0337915_05442730.jpg
今年はこれに"辛い奴"は不可なんですね。
レジェンド におかれましては、さぞ深い悲しみに苛まれた事かと思うと不憫でなりません・・・
f0337915_12484701.jpg
さて、今年も何とか無事にいただくことが出来たシークァーサーつけ麺'14。
そう言えば今年は去年あった紅葉おろしは付かないみたい。
あれ、食べてる途中でのアクセントになって凄く良い仕事してると思ったので
有料でも良いからまたやってくれないかな~。

各材料のパラメーターは去年verとそんなに変わってないように見受けられ、やはり今年も大満足で店を後にしました。
f0337915_19085983.jpg
それにしても本当に良くこんなメニューを思いつくなと関心します。

ネーミングのインパクトもさる事ながら、
一見、相反すると思われる果汁由来の酸味と、
醤油由来の塩分/豚由来の脂肪分が互いに衝突せずに奇跡的な整合性を保っており、
きちんと美味しく食べる事を前提とした大真面目なメニューとして成立しているのが素晴らしいです。
f0337915_19085941.jpg
丸一日経った現在でも、まだ口の中に果汁感が残っており、昨日の余韻に浸りながらの投稿でした。


by tommolux | 2014-08-23 19:14 | ラーメン二郎 八王子野猿街道店2


<< 「神社とかのお祭り」みたいな意...      when brown cica... >>